2017年01月~ドラマ CRISIS

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第8話のロケ地

投稿日:2017年6月1日 更新日:

第8話のあらすじ

神の光教団に侵入している林智史から田丸三郎の元に情報が入った。

神の光教団が大臣を始末するというものだった。

情報が不確かなこともあって公安機動捜査隊特捜班が対処することになった。

テロ当日、大臣を狙う怪しい男を捕まえた。

しかし、持っていたかばんの中身がカラで、田丸三郎は、今回のテロの目的が教団内部に侵入しているスパイのあぶりだしにあることが分かった。

田丸三郎は、林智史と林千種の命が危ないと察知して林千種をすぐに別な場所に移した。

それに田丸三郎は辞職覚悟で林智史を助けるために教団に一人で乗り込もうとする。


スポンサーリンク

第8話のロケ地

教団本部外観・・・文理開成高等学校(千葉県鴨川市横渚815)

大臣が狙われそうになった日本教育文化ホール・・・調布市文化会館たづくり(東京都調布市小島町2丁目33-1)
※クリックするとグーグルマップが開きます。


https://www.google.co.jp/maps/

田丸三郎が林千種を隠したホテル・・・カンデオホテルズ千葉(千葉県千葉市中央区問屋町1-45)
※クリックするとグーグルマップが開きます。


https://www.google.co.jp/maps/

 

出演者

公安機動捜査隊特捜班
稲見 朗・捜査員・・・小栗旬
田丸三郎・捜査員・・・西島秀俊
吉永三成・特捜班班長・・・田中哲司
堅井勇輔・捜査員・・・野間口徹
大山 玲・捜査員・・・新木優子

林 千種・智史の妻・・・石田ゆり子
青沼祐光・警視庁公安総務課長・・・飯田基祐
林 智史・公安の情報提供者・・・眞島秀和

鍛冶大輝・警視庁警備局長・・・長塚京三

警視庁捜査一課管理官・星野司・・・堀部圭亮

バーのマスター・吉行・・・芹澤興人
小栗旬行きつけのバーにいた女性・松永芳・・・野崎萌香

ゲスト

教団幹部か教祖?・・・利重剛
教団幹部・・・森岡豊
後藤洋央紀
土井成樹
石田佳央
大臣・・・窪園純一
佐藤滋
吉野建夫
山中良弘
柾賢志
岩美宏典
太田了輔
石田尚巳
ねりお弘晃

 

感想

今回は、教団側に騙されたました。

林智史は捜査員としてどうなんでしょう。

偽の情報をつかまされました。

侵入捜査を辞めたいと言ってきた時点で、無理だと判断できなかったのでしょうか。

公安機動捜査隊特捜班は裏の組織とやり合うような感じですが、平成維新軍や神の光教団などがでてきています。

これらの組織は、終わってしまったのか、それともこれからも継続してでてくるのか分かりませんね。

かなり意味深な組織のようで、そうでないような感じもします。

全体の流れが分かりにくいドラマです。


スポンサーリンク

-2017年01月~ドラマ, CRISIS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

A LIFE 愛しき人の第7話のロケ地

目次1 あらすじ2 第7話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 深冬の脳腫瘍の手術の方法が見つからないでいた。 不安を募らせる深冬はで神経を犠牲にする方法を提案する。 この方法では、何らかの …

no image

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第10話のロケ地

目次1 第10話のあらすじ2 第10話のロケ地3 出演者4 感想 第10話のあらすじ 特捜班は結城に乗り込まれ、閣僚のデータを盗まれ事務所を爆破されてしまったが死者は一人も出なかった。 大山玲は、デー …

no image

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第5話のロケ地

目次1 第5話のあらすじ2 第5話のロケ地3 出演者4 感想 第5話のあらすじ 稲見朗は潜入捜査のために障害事件として刑務所に入り暴力団員の沢田に近づいた。 沢田が所属する仁愛工業は、政治献金を利用し …

no image

貴族探偵の第3話のロケ地

目次1 第3話のあらすじ2 第3話のロケ地3 出演者4 感想 第3話のあらすじ 喜多見切子探偵事務所に高校生の垂水遥が相談に来た。 話によると、1週間前に倉庫で女性の遺体が見つかりその遺体には頭と両腕 …

no image

A LIFE 愛しき人の第10話(最終回)のロケ地

目次1 あらすじ2 第10話(最終回)のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 羽村圭吾と榊原実梨が壇上虎之介に壇上壮大が病院を無くそうとし深冬の死を希望していたことを話、壮大は虎之介に解任を言 …

カテゴリー

アーカイブ