2017年01月~ドラマ 小さな巨人

小さな巨人の第6話のロケ地

投稿日:2017年5月22日 更新日:

第6話のあらすじ

香坂真一郎は、芝署で署長の不祥事を暴いたが、警察組織によって闇に葬られた。

香坂真一郎は、情報漏洩の罪で豊洲署に飛ばされた。

同じく山田春彦も何も問題がなければ1年後本部に戻されるという小野田義信との約束のもとで豊洲署に配属になった。

それから警視庁人事課にいた三島祐里は自分の希望で豊洲署に配属される。

芝署刑事の渡辺久志は、猛勉強しその頑張りが認められ捜査一課長担当運転手に抜擢された。

香坂真一郎が、豊洲署に配属になった直後、横沢裕一夫人が夫の失踪のことで相談にやってきた。

通常、失踪は書類のみの処理で捜査は行われることはないが、香坂真一郎は調査をすることにした。

横沢裕一は、早明学園の経理担当をしていた。

早明学園には、香坂真一郎の父親と因縁のある元捜査一課長の富永拓三が天下っている。

富永拓三は、小野田義信を捜査一課長に引き上げ小野田義信が唯一頭が上がらない存在だった。

山田春彦と三島祐里が早明学園に、聞き込みにいくと横沢裕一が学園のお金を横領したという噂があった。

一方、香坂真一郎は、富永拓三を介して理事長の金崎玲子に会うことになった。

その席で、横沢裕一の横領の件を内々に済ませたいと言ってきた。

しかし香坂真一郎は、調査を継続することを伝えた。

山田春彦は、早明学園に聞き込みに行った時から不穏な動きをしだした。



スポンサーリンク



第6話ロケ地

豊洲警察署外観・・・横須賀リサーチパーク(神奈川県横須賀市光の丘3番4号)
※クリックするとグーグルマップが開きます。


https://www.google.co.jp/maps/


早明学園航空写真・・・創価大学とバックの海と向こう岸は豊洲埠頭方面から日の出駅方面を見た風景の合成


早明学園・・・創価大学(東京都八王子市丹木町1-236)
※クリックするとグーグルマップが開きます。


https://www.google.co.jp/maps/


早明学園の初等部・中等部着工記念式典が行われたホール・・・創価大学ディスカバリーホール(東京都八王子市丹木町1-236)

香坂真一郎が富永拓三と金崎玲子会った場所・・・ホテル椿山荘東京(東京都文京区関口2−10−8)

香坂真一郎の父・敦史が入っている施設・・・トラストガーデン用賀の杜(東京都世田谷区用賀1丁目3-1)

横沢裕一宅・・・Studio47の代々木上原スタジオ(東京都渋谷区上原3丁目15)
※クリックするとグーグルマップが開きます。


https://www.google.co.jp/maps/



三島祐里に鉄パイプが倒れてきた場所・・・日本健民食北西側(東京都中央区月島3丁目23番地7号)

香坂真一郎と山田春彦が話をした豊洲署会議室・・・横浜リサーチパークホール(神奈川県横須賀市光の丘3番4号)

山田春彦と江口和夫が話をしていた場所・・・深川ギャザリアS棟屋上の下部(東京都江東区木場1丁目5-25)

香坂真一郎が山田春彦を追っていた場所・・・角乗り橋(東京都江東区有明3丁目8)

山田春彦が逮捕された場所・・・リンボーブリッジ西側の東京臨海新交通臨海線のループ橋の交わるところの下あたり(京都港区海岸3丁目33)

 

出演者

所轄(豊洲署)
課長代理・香坂真一郎・・・長谷川博己

元捜査一課長付運転担当→豊洲署刑事・山田春彦・・・岡田将生
刑事課長・須藤文香・・・神野美鈴
刑事・関口一也・・・石黒英雄
刑事・篠原良平・・・望月章男
刑事・寺井友宏・・・大熊ひろたか
元警視庁人事課職員→豊洲署新人刑事・三島祐里・・・芳根京子

警視庁
捜査一課課長・小野田義信・・・香川照之
元芝署刑事→捜査一課長付運転担当・渡部久志・・・安田顕
捜査一課1係長・藤倉良一・・・駿河太朗
警務部監査官・柳沢肇・・・手塚とおる
特殊犯捜査担当管理官・片山昭三・・・神尾佑

捜査二課長・松岡航平・・・高橋光臣
人事課・元捜査二課刑事・江口和夫(矢部貴志)・・・ユースケ・サンタマリア

早明学園
理事長・金崎玲子・・・和田アキ子
専務・元警視庁捜査一課長・富永拓三・・・梅沢富美男
事務局経理課長・横沢裕一・・・井上芳雄

横沢裕一の妻・横沢亜美・・・中村アン

真一郎の父・香坂敦史・・・木場勝己
真一郎の母・香坂真由美・・・三田佳子
真一郎の妻・香坂美沙・・・市川実日子

毎朝新聞社記者・佐川勇人・・・好井まさお

 

感想

5話で山田と手を組んだように見えたが、またもとに戻りました。

警察幹部だけではなくみんな化かし合いのような感じです。

それに小野田捜査一課長を敵対視していた渡辺久志が、捜査一課長担当運転手になるとは・・・。

渡辺久志もそのうち敵に回るのか? それとも情報を流してくれるのか?

早明学園の土地の売買や学園認定など、先日までニュースで話題になっていた事件とよく似ていますね。

あのニュースをパクったのでしょうか。



スポンサーリンク


-2017年01月~ドラマ, 小さな巨人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小さな巨人の第4話のロケ地

目次1 第4話のあらすじ2 第4話ロケ地3 出演者4 感想 第4話のあらすじ 警察内部に内通者がいる可能性がでてきた。 山本アリサの口座の取引記録からから小野田義信の妻の取引があることが分かった。 こ …

A LIFE 愛しき人のロケ地

目次1 あらすじ2 第1話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ 壇上病院の院長・壇上虎之介が倒れた。 心臓の病気で手術も難しい状態だった。 壇上虎之介は、10年前にシアトルに送り出した沖田一光を呼ぶよ …

no image

A LIFE 愛しき人の第7話のロケ地

目次1 あらすじ2 第7話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 深冬の脳腫瘍の手術の方法が見つからないでいた。 不安を募らせる深冬はで神経を犠牲にする方法を提案する。 この方法では、何らかの …

no image

A LIFE 愛しき人の第8話のロケ地

目次1 あらすじ2 第8話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 病院の会議の席で榊原実梨が深冬の脳腫瘍のことを発表し、壇上虎之介に知られることになった。 一時は、怒ってしまったが沖田一光が手 …

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第2話のロケ地

目次1 あらすじ2 第2話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ フーリージャーナリストの古垣伸一郎が田丸三郎に国家の危機に関する話をしたいと連絡があった。 古垣伸一郎は待ち合わせの場所で何者かにシアン …

カテゴリー

アーカイブ