2017年01月~ドラマ 母になる

母になるの第5話のロケ地

投稿日:2017年5月12日 更新日:

第5話あらすじ

広が施設に帰る途中でいなくなった。

木野愁平は、広が田中今偉と一緒にいるところを見つけた。

二人はネットカフェで何かを探している様子だった。

木野愁平は結衣に、広が田中今偉と一緒だということと安全だということだけ連絡した。

田中今偉は、施設の先輩から聞いた自分の母親の居所を探していた。

自分が母親に会っている姿を広に見せて生みの親の大切さを教えようとしていた。

一方、緒野琴音と柏崎里恵は、門倉麻子が広を育ていた人だと知らずに柏崎オートの事務員として雇おうとしていた。


スポンサーリンク

第5話のロケ地

木野愁平が結衣に電話した交差点・・・

広と田中今偉がいたネットカフェ・・・

柏崎陽一が西原太治と元教え子らと飲みにいった店・・・パリラックス ガーデン西新宿(東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル)

門倉麻子が気の愁平に電話したところ・・・

木野愁平と広と田中今偉が食事したレストラン・・・COCO’S※店舗不明

木野愁平と広と田中今偉がいた洋服店・・・MARUKAWA JEANS SHOP※店舗不明

田中今偉の母親に会った場所・・・神奈川県横浜市神奈川区高島台6

木野愁平と広と田中今偉がいたゲームセンター・・・キャッツアイ狭山店(埼玉県狭山市入間川3141)

門倉麻子と緒野琴音がカラオケしていたカラオケ店・・・コート・ダジュール※店舗不明

広と繭が歩いていた場所・・・東京都大田区羽田2丁目32

 

出演者

柏崎結衣・・・沢尻エリカ
結衣の元夫・柏崎陽一・・・藤木直人
結衣と洋一の子・柏崎広(3歳)・・・吉武歓
結衣と洋一の子・柏崎広(13歳)・・・道枝駿佑
結衣のママ友・西原莉沙子・・・板谷由夏
莉沙子の夫・西原太治・・・淺野和之
莉沙子と太治の子・西原繭(3歳)・・・宝辺花帆美
莉沙子と太治の子・西原繭(13歳)・・・藤澤遥
陽一の母・柏崎里恵・・・風吹ジュン
陽一の世話をしている・緒野琴音・・・高橋メアリーシュン
門倉麻子・・・小池栄子
児童福祉司・木野愁平・・・中島裕翔
広の施設の先輩・田中今偉・・・望月歩

井上さなえ・・・明星真由美
広の学校の先生・柿田尚安・・・山中崇
巻田大輝・・・成田偉心
香取賢太・・・中山優貴
ヒーさん・・・野添義弘
 

感想

田中今偉は、何かすごいですね。

自分が母親に会ってどんな態度をとられるのか知ってか知らずか自分の姿を見せて生みの親の大切さを教えようとしました。

ある程度は想像していたのかもしれませんね。

門倉麻子は、一度は広をあきらめようと突き放しましたが、家出をしたので気になったのでしょうか。

しかし、法の下で会えないことになっているはずです。

広の前に現れたジャーナリストのことも気になります。

ますます気になる展開になっていきました。


スポンサーリンク

-2017年01月~ドラマ, 母になる

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第5話のロケ地

目次1 第5話のあらすじ2 第5話のロケ地3 出演者4 感想 第5話のあらすじ 稲見朗は潜入捜査のために障害事件として刑務所に入り暴力団員の沢田に近づいた。 沢田が所属する仁愛工業は、政治献金を利用し …

no image

A LIFE 愛しき人の第9話のロケ地

目次1 あらすじ2 第9話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 深冬の意識レベルが下がって意識がなくなった。脳腫瘍が出血しのが原因だった。 大事には至らなかったが手術が一層難しくなった。 壮 …

no image

A LIFE 愛しき人の第10話(最終回)のロケ地

目次1 あらすじ2 第10話(最終回)のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 羽村圭吾と榊原実梨が壇上虎之介に壇上壮大が病院を無くそうとし深冬の死を希望していたことを話、壮大は虎之介に解任を言 …

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第7話のロケ地

目次1 第7話のあらすじ2 第7話のロケ地3 出演者4 感想 第7話のあらすじ 日本経済連盟サイトがハッキングされ平成維新軍が犯行予告声明文を載せた。 平成維新軍の手がかりになるようなものが全く見つか …

母になるの第4話のロケ地

目次1 第4話あらすじ2 第4話のロケ地3 出演者4 感想 第4話あらすじ 広と一緒に住むようになり、表面的にはうまくいっているように見える。 しかし門倉麻子が去ってから広はよそよそしくなってきた。 …

カテゴリー

アーカイブ