2017年01月~ドラマ 貴族探偵

貴族探偵の第4話のロケ地

投稿日:2017年5月9日 更新日:

第4話のあらすじ

アイドルの有畑しずるがビルから飛び降り自殺をした。

有畑しずるのSNSには「さようなら、ゆうちゃん」というメッセージが残されていた。

ファンの間で「ゆうちゃん」のことを調べ名前が「田名部優」ということが分かり復讐するために調べてほしいと高徳愛香のところにやってきた。

高徳愛香はその依頼を断った。

その後、玉村依子がやってきてパワースポットの温泉に行くことになった。

そこは「いずな様」といって名前を提出して儀式をすると望みがかなうと言われるところだった。

そこにだされた名前の中に「田名部優」という名前があった。

そこに貴族探偵が現れた。

高徳愛香は、田名部優がいることで事件がおきるかもしれないと思った。

翌日、高徳愛香の思った通り、田名部優の遺体が発見された。

高徳愛香は、早速犯人捜しのため調査を開始したが・・・・。


スポンサーリンク

第4話のロケ地

有畑しずるのライブ会場・・・WOMB(東京都渋谷区円山町2-16)

有畑しずるが飛び降りた屋上・・・アコード新宿ビル(新宿区新宿2-12-4)

浜梨館の看板があったところ・・・

吊り橋・・・しだくら橋(東京都西多摩郡奥多摩町境)(35°47’33.2″N 139°04’00.9″E)

浜梨館・・・霧積温泉金湯館(安中市松井田町坂本1928)

有畑しずるブログに載せる写真を撮っていたカフェ・・・MIZUcafe PRODUCED BY Cleansui(東京都渋谷区神宮前6-34-14 原宿表参道ビル 1F)

 

出演者

貴族探偵・・・相葉雅紀
召使い、運転手・佐藤・・・滝藤賢一
召使い、メイド・田中・・・中山美穂
召使い、執事・山本・・・松重豊

喜多見切子探偵事務所の新米探偵・高徳愛香・・・武井咲
女探偵・喜多見切子・・・井川遥

神奈川県警捜査第一課主任刑事・鼻形雷雨・・・生瀬勝久
鼻形雷雨の部下・常見慎吾・・・岡山天音
神奈川県警鑑識・冬樹和泉・・・田中道子

高徳愛香のスマホのギリの声・・・仲間由紀恵

玉村グループ令嬢・玉村依子・・・木南晴夏

ゲスト
浜梨久仁子・・・釈由美子
有戸秀司・・・阿部力
金谷沢広成・・・小松和重
田名部優・・・渋谷謙人
赤川和美・・・柳ゆり菜
下北香苗・・・草刈麻有
有畑しずる・・・藤川千愛
今井隆文
田口智也
須賀京介
池内直樹
 

感想

召使いの能力はすごいですね。

それを的確に指示しているから貴族探偵はやっぱりすごい頭が切れる。

天才的な貴族探偵と素人探偵の高徳愛香では勝負にならないのは目に見て明らかです。

貴族探偵には、相当に優秀な召使いもいます。

喜多見切子探偵事務所の喜多見切子は高徳愛香の妄想か何かのような気がしてきました。

それか魔法使いのような存在かもしれません。

もしかしたら貴族探偵もそういった類のものかもしれません。


スポンサーリンク

-2017年01月~ドラマ, 貴族探偵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

A LIFE 愛しき人の第4話のロケ地

目次1 あらすじ2 第4話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 壇上壮大は、片山関東病院と提携を結び、いずれ壇上記念病院に取り込もうと考えていた。 壇上壮大は、初めは羽村圭吾を手術に行かせよ …

no image

A LIFE 愛しき人の第8話のロケ地

目次1 あらすじ2 第8話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 病院の会議の席で榊原実梨が深冬の脳腫瘍のことを発表し、壇上虎之介に知られることになった。 一時は、怒ってしまったが沖田一光が手 …

母になるの第9話のロケ地

目次1 第9話あらすじ2 第9話のロケ地3 出演者4 感想 第9話あらすじ 広が女の子と一緒で学校をさぼってしまった。 それで、家族会議を開ひらいたが、真相は分からなかった。 一方、門倉麻子は緒野琴音 …

リバースの第7話のロケ地

目次1 第7話のあらすじ2 第7話のロケ地3 出演者4 感想 第7話のあらすじ 深瀬和久は、広沢の実家のある愛媛県に行き、広沢の友人だったという男・古川に会った。 古川は、広沢の堂々よした態度や女性に …

A LIFE 愛しき人のロケ地

目次1 あらすじ2 第1話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ 壇上病院の院長・壇上虎之介が倒れた。 心臓の病気で手術も難しい状態だった。 壇上虎之介は、10年前にシアトルに送り出した沖田一光を呼ぶよ …

カテゴリー

アーカイブ