2017年01月~ドラマ A LIFE 愛しき人

A LIFE 愛しき人の第10話(最終回)のロケ地

投稿日:2017年3月20日 更新日:

あらすじ

羽村圭吾と榊原実梨が壇上虎之介に壇上壮大が病院を無くそうとし深冬の死を希望していたことを話、壮大は虎之介に解任を言われ病院を出て行ってしまった。

羽村圭吾は壮大のことをリークしたことで病院を去ると言い出した。

そんな中で深冬の手術の日が迫ってきた。

沖田一光は、深冬の手術を開始し、3分の2ほどの腫瘍は取り除くことができたが、脳の腫れが有ったために全部取り除くことができなかった。

沖田一光は専門外であることを悔やむ。

沖田一光は、壮大の助けが必要だと思い出て行った壮大のところを訪ね協力を頼んだが・・・・。


スポンサーリンク

第10話(最終回)のロケ地

壇上壮大の実家・鈴木内科・・・並木橋オールドハウス(東京都渋谷区東1-26-32)

羽村圭吾と榊原実梨が話していたバー・・・TOKYO Whisky Library(東京都港区南青山5-5-24 南青山サンタキアラ教会 2F)

壇上深冬と莉菜が歩いていた公園・・・豊洲公園
 

出演者(ゲスト)

虎之介の妹・上野豊子・・・山口美也子
壮大の実の父・・・津嘉山正種
榊原実梨の父・榊原達夫・・・高木渉
看護師・・・森林永理奈
岩田丸
 

感想

思ったような結末になってハッピーエンドになったが、ハッピーエンドになった経緯がなく本当にハッピーエンドなのという感じです。

壮大が院長から解任を言われたときに深冬は何も擁護しなかった。何も言わなかった。

院長の壇上虎之介も一方の話を聞いただけであれだけの激怒して、もっと賢い人だと思っていましたが違って居ました。

壇上虎之介が壮大を解任すると言った場面は、手術の前で不安になっている深冬の前でいうようなことではないでしょう。

深冬にとって精神的なダメージは相当なものだと思います。

ドラマの1話からの流れからしたら、少し気になりますが、深冬の最後の手術も沖田一光と壇上壮大の二人でしたことでドラマがハッピーエンドで終わることができました。

壇上壮大が最後、羽村圭吾を許して副院長にしたことや壇上虎之介が壮大を許したことなどそうなった経緯がなかったので変な感じです。

柴田由紀が沖田一光に一緒に行けないと言った言葉は冗談に聞こえなかったのでなぜあの時あんな言葉がでてきたのか変な感じでした。

最終回はもっと劇的なことが起きることを期待していましたがなかったです。
全体的に見ても一体なんのドラマだったんだろうという感じで終わってしまいました。


スポンサーリンク

-2017年01月~ドラマ, A LIFE 愛しき人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

母になるの第3話のロケ地

目次1 第3話あらすじ2 第3話のロケ地3 出演者4 感想 第3話あらすじ 広を引き取るために結衣と陽一は一緒に柏崎モータで暮らすことにしました。 誕生日にケーキを買い、スマホを買って誕生日を祝いまし …

no image

A LIFE 愛しき人の第9話のロケ地

目次1 あらすじ2 第9話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 深冬の意識レベルが下がって意識がなくなった。脳腫瘍が出血しのが原因だった。 大事には至らなかったが手術が一層難しくなった。 壮 …

no image

貴族探偵の第10話のロケ地

目次1 第10話のあらすじ2 第10話のロケ地3 出演者4 感想 第10話のあらすじ 高徳愛香は貴族探偵に高見切子を殺害したのは貴族探偵だと言った。 貴族探偵は、自分の前で事件を解決したら喜多見切子の …

no image

貴族探偵の第5話のロケ地

目次1 第5話のあらすじ2 第5話のロケ地3 出演者4 感想 第5話のあらすじ 高徳愛香は、貴族探偵の正体を探るために玉村依子の紹介で元貴族委員で華族で伯爵だったといわれる桜川鷹亮を訪ねた。 その日は …

A LIFE 愛しき人の第2話のロケ地

目次1 あらすじ2 第2話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 壮大から深冬の脳の手術を頼まれた沖田一光は壇上病院に残ることにした。 それからある日、壇上院長の知り合いの和菓子職人・森本の大 …

カテゴリー

アーカイブ