2017年01月~ドラマ A LIFE 愛しき人

A LIFE 愛しき人の第9話のロケ地

投稿日:2017年3月16日 更新日:

あらすじ


深冬の意識レベルが下がって意識がなくなった。脳腫瘍が出血しのが原因だった。

大事には至らなかったが手術が一層難しくなった。

壮大は深冬の手術を自分がすることを言い出した。

そんな時に、女性が倒れ病院に運ばれてきた。

その女性の子供・安井知樹は、病院にベルギーの王様を手術をした先生がいることを知っていて、その先生の手術を強く希望しそれを要求していきた。」

一方、壮大に現職の大臣の手術の話がくる。前例のない難しい手術だった。
壮大はその話を引き受ける。

病院に運ばれた女性・安井亮子の手術は沖田一光が担当することになった。

安井知樹は沖田一光にこの病院で一番すごい先生に手術をすることを頼んできた。

沖田一光が黙っていると、お金がないとしてもらえないのかと突っ込んでくる。

沖田一光は、そのことは黙った手術を成功させた。

一方、壮大も現職大臣の手術を見事に成功させた。

[ad#co-1]

第9話のロケ地


羽村圭吾と榊原実梨がいたバー・・・TOKYO Whisky Library(東京都港区南青山5-5-24 南青山サンタキアラ教会 2F)


沖田一光と井川颯太と柴田由紀が行った焼き肉屋・・・泰香園(東京都大田区大森北1-12-2)



 

出演者(ゲスト)


知樹の祖母・安井久乃・・・茅島成美
脳神経外科学会理事長・草野康浩・・・佐々木勝彦

患者・知樹の母・安井亮子・・・土井きよ美
安井知樹・・・藤本飛龍

 

感想


壮大の手術が出たのは初めてでしたね。

沖田一光も認める見事な腕であることを見せました。

壇上壮大は天才的で沖田一光は努力の人って感じです。

それに子供が母親を助けたいという感情もよく出ていて今までと違った病院関係のドラマと違った感じです。

共通する点は主人公は必ず手術の腕がいいということですね。

松山ケンイチの存在(キャラ)は大きいと思います。
もしいなかったら、もっとどろどろした暗い感じのドラマになっていたと思います。



[ad#co-2]

-2017年01月~ドラマ, A LIFE 愛しき人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

小さな巨人の第5話のロケ地

目次1 第5話のあらすじ2 第5話ロケ地3 出演者4 感想 第5話のあらすじ 捜査情報をもらしていたのが署長の三笠洋平だと分かったが決定的な証拠がなかった。 香坂真一郎ら所轄は、なにか証拠があるはずだ …

no image

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第10話のロケ地

目次1 第10話のあらすじ2 第10話のロケ地3 出演者4 感想 第10話のあらすじ 特捜班は結城に乗り込まれ、閣僚のデータを盗まれ事務所を爆破されてしまったが死者は一人も出なかった。 大山玲は、デー …

小さな巨人の第6話のロケ地

目次1 第6話のあらすじ2 第6話ロケ地3 出演者4 感想 第6話のあらすじ 香坂真一郎は、芝署で署長の不祥事を暴いたが、警察組織によって闇に葬られた。 香坂真一郎は、情報漏洩の罪で豊洲署に飛ばされた …

no image

母になるの第7話のロケ地

目次1 第7話あらすじ2 第7話のロケ地3 出演者4 感想 第7話あらすじ 結衣は、門倉麻子と渡り合うために家に呼んだ。 麻子が、広を育てたことを誤ったことで渡り合えたような感じだった。 しかし、結衣 …

no image

A LIFE 愛しき人の第6話のロケ地

目次1 あらすじ2 第6話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 壇上深冬は、自分の脳腫瘍のことを知っていた。 そんな時にパチンコ屋で倒れた男性が運ばれてきた。 その男性は榊原実梨の父親だった …

カテゴリー

アーカイブ