刑事7人

刑事7人第5シリーズの第10話(最終回)のロケ地

投稿日:

放送日:2019/09/18

あらすじ

 廃工場で腹部を刺された男の遺体が見つかり、専従捜査班の天樹悠(東山紀之)と海老沢芳樹(田辺誠一)が現場に急行する。先に着いていた青山新(塚本高史)は、被害者の岡崎誠(井上康)が数字の羅列が書かれた紙片を握りしめて事切れていたという。さらに天樹は、岡崎のポケットから『外交官水田純平』と書かれた名刺を発見する。
 捜査会議が始まる前、部屋に入ってきて上座に着いた幹部の姿に天樹らは衝撃を受ける。かつての仲間・沙村康介(髙嶋政宏)だったのだ! しかも管理官という立場で、この捜査の指揮を取るという。さらに、あろうことか「この事件から専従捜査班を外す!」と宣言。片桐正敏(吉田鋼太郎)は反論するが、一蹴されてしまう。
 一方、会議で配られた資料を見て黙り込んだ水田環(倉科カナ)の様子が気になった天樹は、環を誘って飲みに行くことに。環は、資料に載っていた名刺が父・純平(河相我聞)のものであること、外交官の父が17年前に赴任先のインドネシアから帰国した日に転落死したこと、実家で見つけた写真に岡崎が写っていたことを告げる。
 専従捜査班の締め出しが続く中、岡崎の前職はコーディネーターで、インドネシアで会社を経営していたことがわかる。岡崎の死と17年前の純平の死には関連があると踏んだ専従捜査班が、純平について調べようとデータベースにアクセスすると、「特S案件」でアクセス不可…。
 また、純平の元上司で外務審議官の山口敏也(橋本じゅん)に聞き込みをした結果、外務省に「17年前の外交機密費に不正流用の疑いあり」という怪文書が届いたことも判明し、事態は混迷を極める。
 ――特S案件、外交機密費の不正流用、専従捜査班の締め出し、そして大きな壁となって立ちはだかる沙村…。この事件には、何か裏があるのではないかと考えた片桐は、沙村の圧力を無視し、捜査を続行すると宣言する。
 そんな中、17年前、岡崎の口座に10億円もの大金が入金されていたことがわかり、純平が外交機密費を横領し、岡崎に流したのではないかという疑惑が生じる。
 万が一、純平が横領していたら環の警察人生は終わる…。そうでないことを願いつつ、専従捜査班が奔走する中、天樹に魔の手が忍び寄り……!

刑事7人第5シリーズ 第10話(最終回)
https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/story/0010/


スポンサーリンク

キャスト、ゲスト、出演者

天城悠(専従捜査班 刑事)・・・東山紀之
海老沢芳樹・・・田辺誠一
水田環(専従捜査班 刑事)・・・倉科カナ
野々村拓海(専従捜査班 刑事)・・・白洲迅

山口敏也・・・橋本じゅん
佐伯健吾・・・遠山俊也
水田純平・・・河相我聞

冨樫真、工藤俊作、波岡一喜
栗田よう子、安崎求、井上康、津村和幸、西岡秀記、葉加瀬マイ、竹内和彦、金子乃彩、璃菜、谷本貴彦、南瀬嵩、九島洋一、神田直美、藤田葵

芸優、リアルメーカーズ、テアルトアカデミー、古賀プロダクション、クラージュキッズ、麗タレントプロモーション

沙村康介・・・髙嶋政宏
山下巧・・・片岡愛之助(回想)
永沢圭太・・・鈴木浩介(回想)

青山新(専従捜査班刑事)・・・塚本高史
片桐正敏(刑事資料係長)・・・吉田鋼太郎
堂本俊太郎(東都大学 法医学教授)・・・北大路欣也
 

第10話(最終回)のロケ地

水田家の墓がある墓地・・・三浦霊園(神奈川県三浦市南下浦町1299)

遺体が発見された工場・・・石川金属機工株式会社(埼玉県川口市江戸袋2丁目2-18)

合同捜査会議が行われた会場・・・

酒蔵あっけし・・・酒蔵あっけし(東京都練馬区東大泉5丁目41-13)

天城悠と水田環がいたバー・・・

天城悠と水田環が青山新の電話を聞いていた警察署前・・・タムラ製作所(東京都練馬区東大泉1丁目19-43)

片桐正敏がベンチに座って電話していた場所・・・第二そろの木ビル前(東京都練馬区東大泉5丁目40-27)(35°44’56.1″N 139°35’10.2″E)

海老沢芳樹が訪れた山口敏也がいる外務審議官室・・・ジニアス新宿スタジオ(東京都新宿区下落合4丁目21-19 目白LKビル8F)

青山新が訪れた佐伯健吾がやっているフリースクールの校舎・・・あしがくぼ小学校(埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ケ久保637)

スナック恵子外観・・・東京都台東区浅草5丁目34-7

城悠が訪れた水田純平が転落した倉庫・・・山九(株) 横浜支店 山下倉庫(神奈川県横浜市中区山下町279-1)

天城悠と水田環が訪れた水田邸・・・

水田環が山口敏也と話をしていた喫茶店・・マックス(東京都新宿区西新宿5丁目6-4)

天城悠が刺された歩道橋・・・副都心12号線淀橋歩道橋(東京都新宿区西新宿6丁目)(35°41’38.1″N 139°41’24.0″E)

天城悠が運ばれた病院・・・

片桐正敏がいた屋上・・・東映東京撮影所Gスタジオ屋上(東京都練馬区東大泉2丁目34-5)

水田純平と幼い水田環が話していた場所・・・

天城悠が歩いていた線路横・・・

海老沢芳樹と野々村拓海が乗った車が止まっていた場所・・・新宿NSビル北側(東京都新宿区西新宿2丁目4)(35°41’19.8″N 139°41’35.0″E)

片桐正敏が訪れた刑事部長室・・・NTT日比谷ビル(東京都千代田区内幸町1丁目1-6)

青山新が訪れた新都心銀行・・・

海老沢芳樹が聞き込みに行った銀行・・・

野々村拓海が座っていた踏切側・・・

野々村拓海が訪れたはれぞら銀行・・・

天城悠が歩いていた歩道・・・

 

撮影協力

(有)酒蔵あっけし
三浦霊園
TAMURA
石川金属機工株式会社
あしがくぼ笑楽校
国立市フィルムコミッション
山野学苑
新宿モノリス
西京信用金庫
デイ・ナイト株式会社
 

感想

天城悠が刺されたときに泣いていた女の子は何だったんだろう。

それに刺された瞬間って、分からないんだとうか。

沙村が専従班を捜査から外した意味が良く解らなかった。


スポンサーリンク

-刑事7人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

刑事7人第4シリーズの第5話のロケ地

目次1 あらすじ2 第5話のロケ地3 出演者、ゲスト4 撮影協力5 感想 あらすじ 加納優美(瑛蓮)が60年前殺された祖母のことで相談にやってきた。 祖母が殺された本当の理由を知りたいというのだった。 …

刑事7人第4シリーズの第7話のロケ地

目次1 あらすじ2 第7話のロケ地3 出演者、ゲスト4 撮影協力5 感想 あらすじ 沼田篤史(神濃直隆)の刺殺体で発見された。 現場にあった車からヘアピンが見つかった。 そのへピンを調べたところ20年 …

no image

刑事7人第3シリーズ第3話のロケ地

目次1 第3話のあらすじ2 第3話のロケ地3 出演者4 感想 第3話のあらすじ 血を抜き取られるという事件が相次いだ。 一人目の犠牲者は女子高生の小川沙絵16歳、二人目は文房具店店長の工藤正義40歳、 …

刑事7人第3シリーズ第10話(最終回)のロケ地

目次1 第10話(最終回)のあらすじ2 第10話(最終回)のロケ地3 出演者4 感想 第10話(最終回)のあらすじ 場久根が襲われ、犯人は御厨が仕切っている新勢力だと思われた。 数々の場久根が関係して …

no image

刑事7人第3シリーズ第7話のロケ地

目次1 第7話のあらすじ2 第7話のロケ地3 出演者4 感想 第7話のあらすじ 臨海地帯の空き地で白骨死体が見つかった。 検視の結果、歯の治療から富樫弘美ということが分かった。 富樫弘美は、7年前失踪 …

カテゴリー

アーカイブ