科捜研の女

科捜研の女SEASON16の第13話のロケ地

投稿日:2017年2月13日 更新日:

あらすじ

デイ・トレーダーの真島拓也の遺体が公園で発見された。

刺し傷から凶器は、理容店で使うようなハサミと特定できて、防犯カメラから車の持ち主を割り出し目撃情報を聞き出しました。

それを基に似顔絵を描くことになった。

しかし、その出来は50%以下のものだった。

榊マリコらは現場に行って目撃情報の検証するこにした。

すると普通の状態では、目撃できないことが分かった。

榊マリコは、いつものようにひらめきで目撃者が寝転がってさかさまに見たことを突き止める。

それをふまえてもう一度似顔絵を描くことにした。

すると100%そっくりな似顔絵ができた。

似顔絵から指名手配すると一人の女性に似ているとの情報が入った。

その女性のことを調べているとビルから飛び降り自殺したという情報が入った。

科捜研は、現場の屋上に行きさらに調査を開始した。

すると新たな事実が判明してきた。



スポンサーリンク



 

第13話「似顔絵の女」のロケ地

遺体が見つかった場所・・・

デイトレーターが集まっていた場所・・・京都モダンテラス京都市左京区岡崎最勝寺町13

佐々木一郎宅・・・

北山署外観・・・東映太秦映像(京都市右京区太秦西蜂岡町)(35°00’57.0″N 135°42’15.6″E)

北山警察署守栖川交番・・・

居酒屋やく味屋(京都市右京区嵯峨野開町24-9)
※クリックするとグーグルマップが開きます。

https://www.google.co.jp/maps/


木戸沙也加が落ちたビル・・・

木戸沙也加が運ばれた病院・・・宇治徳洲会病院(京都府宇治市槇島町石橋145)
※クリックするとグーグルマップが開きます。

https://www.google.co.jp/maps/


八幡未知が榊マリコの似顔絵を描いていた場所・・・

 

出演者(ゲスト)

所轄署総務課・八幡未知(似顔絵を描くのが得意)・・・中原果南
舟木由美子・・・村岡希美
木戸沙也加・・・梶原ひかり
目撃者・佐々木一郎・・・住田隆
被害者・真島拓也・・・西村匡生

 

感想

話の進め方が面白いです。

今まで似顔絵のことはあまり出たことはないにもかかわらず大門が似顔絵の話を出しました。

防犯カメラから車の持ち主を割り出し、聞き込みに行きました。
しかしその男は不倫していたので目撃したなどと正直に話すでしょうか。

それにあんなに暗く、さかさまに見たにも関わらすあんなにそっくりな似顔絵が家ケルトは、その当たりが少しきになりました。

今回の事件の解決の方法には少しこじつけのような感じかしましたね。

うまく出来すぎた感じがします。



スポンサーリンク


-科捜研の女

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

科捜研の女season17の第4話のロケ地

目次1 あらすじ2 第4話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ 映画音楽の神様と言われている作曲家・海東柊一郎の妻・莉華子の遺体が自宅で発見された。 死因は一酸化中毒と見られ、現場には炭が燃えた後が残 …

no image

科捜研の女season18の第5話「フリマアプリの達人」のロケ地

目次1 あらすじ2 第5話「フリマアプリの達人」のロケ地3 キャスト4 撮影協力5 感想 あらすじ  小学校教諭・栗山彩子(滝沢沙織)の他殺体が自宅で見つかった。夫の勝典(隈部洋平)が、娘の陽菜(横溝 …

科捜研の女SEASON16の第12話のロケ地

目次1 あらすじ2 第12話「京都花街殺人事件」のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 あらすじ 土門薫が警視庁に出張することになった。 その代わりに蒲原勇樹のバディをすることを頼まれたのが兵藤貞弘だっ …

no image

科捜研の女season18の第01話「殺人音楽隊」のロケ地

目次1 あらすじ2 第1話「殺人音楽隊」のロケ地3 キャスト4 撮影協力5 感想 あらすじ  京都府警察音楽隊が毎年恒例で開催している嵐山コンサートの直前、トランペットの隊員が食中毒にかかってしまい、 …

no image

科捜研の女season17の第13話のロケ地

目次1 あらすじ2 第13話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ 消費者金融イナバフィナンス社長・稲葉和成(山本道俊)の遺体がナイフが背中に刺さったままで発見された。 現場には不自然な足跡と、足と靴の …

カテゴリー

アーカイブ