探偵が早すぎる

探偵が早すぎるの第10話(最終回)のロケ地

投稿日:

[ad#co-3]


あらすじ

橋田政子が刺され倒れるが千曲川光の応急処置で助かった。

一華は、大陀羅朱鳥のもとに行き怒りをぶちまける。

次に大陀羅亜謄蛇が朱鳥を裏切ったように見せ一華と政子に近づいてきた。

しかし、それも罠だったが、千曲川光は先に見破ってしまう。

最後、大陀羅朱鳥が千曲川光の裏を読み大掛かりな仕掛けをしてきた。

[ad#co-1]

第10話(最終回)のロケ地

大陀羅家の別荘・・・臨江閣(群馬県前橋市大手町3丁目15-3

一華と橋田政子が大陀羅亜謄蛇から話を聞いた部屋・・・

大陀羅亜謄蛇が一華と橋田政子に話をしたあと降りようといていた階段・・・桐生織物記念館(群馬県桐生市永楽町6-6)

千曲川光がオイルとノリを塗った廊下・・・桐生織物記念館(群馬県桐生市永楽町6-6)


千曲川光と一華が話をしていた夜景のきれいな場所・・・

 
 

出演者、ゲスト

千曲川光・・・滝藤賢一
十川一華・・・広瀬アリス
城之内翼・・・佐藤寛太
大陀羅貴人・・・前田公輝
大陀羅麻百合・・・結城モエ
大陀羅朱鳥・・・片平なぎさ

木村優介、大石翔大、高山恵子

大陀羅壬流古・・・桐山蓮
大陀羅亜謄蛇・・・神保悟志
橋田政子・・・水野美紀

ナレーション・・・半田裕典

CASTY、スエニョ、エーライツ、トループ、東京エキストラノート、Yプロダクション、麗タレントプロモーション、ストームライダー
 
 

撮影協力

臨江閣
前橋観光コンベンション協会
ロックハート城
群馬桐生市
桐生織物会館
わたらせフィルムコミッション
株式会社エクセル
 
 

感想

最後は、思ったよりつまらなかった。

大陀羅家にもっと頑張ってもらいたかった。

5兆円の資産は一華が受けとった。

5兆円を相続すると税を引かれ約2兆2500億円になる。

この内、100分の1でもあれば今までの生活なら十分やっていけそうだ。

企業にとってもこの半分もあればすごい資金となる。

一華も、全部取らなくても分けていればこんな問題はおきなかったかもしれない。


[ad#co-2]

-探偵が早すぎる

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

探偵が早すぎるの第7話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第7話のロケ地3 出演者、ゲスト4 撮影協力5 感想 あらすじ 十川一華は、城之内翼が自分を殺しにきたことにショックを受け落ち込んんでしまった。 それに大けが負 …

探偵が早すぎるの第8話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第8話のロケ地3 出演者、ゲスト4 撮影協力5 感想 あらすじ 大陀羅家が、次に刺客に選んだのは一華の母親だった。 一華は、自分の母親のことを調べていた。 する …

探偵が早すぎるの第5話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第5話のロケ地3 出演者、ゲスト4 撮影協力5 感想 あらすじ 次に大陀羅一族が、一華を殺しにかかったのは壬流古(桐山蓮Z)だった。 壬流古は、施設を抜け出した …

no image

探偵が早すぎるの第3話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第3話のロケ地3 出演者、ゲスト4 撮影協力5 感想 あらすじ 大陀羅亜謄蛇と大陀羅朱鳥の間では約束が交わされ順番に殺害を試みその時にはお互いに邪魔をしないとい …

探偵が早すぎるの第2話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第2話のロケ地3 出演者、ゲスト4 撮影協力5 感想 あらすじ 十川一華は、相続を拒否するつもりだった。 すると命を狙われることもなくなると思った。 しかし、千 …

カテゴリー

アーカイブ