遺留捜査

遺留捜査第5シリーズの第1話のロケ地

投稿日:

[ad#co-3]


あらすじ

文化庁美術品危機管理対策課、通称「文化財Gメン」の長津涼子(遊井亮子)がロッククライミング中に転落死した。

長津涼子は700年前の有名な彫刻家の仏像えお発見し推定5億円もの価値があると話題になっていた人物だった。

カラビナを調べるとすべて簡単に折れるように細工されていたため殺人と断定された。

糸村聡は、遺留品を探すために崖に上り違う形のカラビナを発見した。

仏像の所有を主張する人物が長津涼子以外に二人いた。

仏像が見つかった祠の持ち主の住職・大野泰生(平泉成)と仏像が見つかった山の持ち主・霧島征一(六角慎司)だ。

特殊捜査班は、まずこの二人からあたることにした。

住職・大野泰生を調べたところ20年間音信不通の一人娘がいることが分かった。

糸村聡と神崎莉緒がその娘・大野ゆかり(松下由樹)に話を聞きに行くと大野ゆかりと長津涼子は同級生で大学で同じ山岳部に入っていた。

岩田信之と雨宮宏は、霧島征一の話を聞きにいった。

霧島征一は霧島電子の社長で山を買った目的は新事業だと言って詳しいことは教えてくれなかった。

岩田信之と雨宮宏は銀行ルートから山を買った目的は天然の湧水が出ると言うことだった。

しかし、さらに調べて行くといろいろな新たな事実が判明する。

[ad#co-1]

第1話のロケ地

長津涼子(遊井亮子)登っていた崖・・・千石岩(滋賀県大津市山上町)(35°01’23.9″N 135°50’34.0″E)




糸村聡と神崎莉緒が訪れた円刻寺・・・ 獨鈷抛山千手寺(京都府亀岡市ひえ田野町鹿谷大タワ7)

岩田信之と雨宮宏が訪れた霧島電子本社・・・・オムロンヘルスケア(京都府向日市寺戸町九ノ坪53)

糸村聡と神崎莉緒が訪れたディアメモリー・・・フィンガーマークス(京都府宇治市槙島町月夜3-7)

糸村聡と神崎莉緒が大野ゆかり(松下由樹)から話を聞いた川辺・・・二条 飛び石 (舟形と千鳥)5番目(京都府京都市中京区上樵木町)(35°00’52.2″N 135°46’16.7″E)

岩田信之と雨宮宏が訪れた京舞銀行・・・

記者会見を開いた文化庁・・・同志社女子大学今出川キャンパス(京都市上京区今出川通寺町西入)


園田蓮(柄本明)と三河大輔(三浦浩一)が会っていた料亭・・・

糸村聡と神崎莉緒が赤松百合から話を聞いた屋上・・・京都新阪急ホテル(京都府京都市下京区東塩小路町579)

糸村聡が自転車を止めてあった駐輪場・・・エビスク七条東南側(京都府京都市下京区東塩小路町590-10)(34°59’17.7″N 135°45’27.0″E)

糸村聡が訪れた消防署・・・京都市消防活動総合センター(京都市南区上鳥羽塔ノ森下開ノ内94-4)

糸村聡が訪れたスポーツ用品店・・・

霧島征一(六角慎司)が鵜飼慎司(長江英和)と会っていたカフェ・・・六絲水(京都市左京区岡崎円勝寺町62)

雨宮宏が鵜飼慎司を見失った場所・・・

大野ゆかりが払子の修理を依頼いた店・・・中村萬助商店(京都市下京区卓屋町)※多分

園田蓮邸・・・京都東山山荘(京都市山科区北花山上稚児ケ池1)

糸村聡が訪ねたケーキ屋・・・

早水圭介(中村俊介)が鵜飼慎司(長江英和)を尾行していた通り・・・九条通り(京都市南区西九条東比永城町西九条東比永城町)

糸村聡が訪れた土産物店・・・

鵜飼慎司の遺体が発見されたビル・・



 
 

出演者、ゲスト

糸村聡・・・上川隆也
神崎莉緒・・・栗山千明
雨宮宏・・・永井大
滝沢綾子・・・宮﨑香蓮
岩田信之・・・梶原善
村木繁・・・甲本雅裕
佐倉路花・・・戸田恵子

大野泰生・・・平泉成
大野ゆかり・・・松下由樹
早水圭介・・・中村俊介
長津涼子・・・遊井亮子
三河大輔・・・三浦浩一
霧島征一・・・六角慎司
鵜飼慎司・・・長江英和
園田蓮・・・柄本明
桧山亘・・・段田安則

麻生絵里子、和田瑠子、西村匡生、谷川昭一朗
田井克幸。奥田ワレタ、川鶴晃裕、窪田弘和
山本辰彦、植栗芳樹、宇谷玲、旭屋光太郎、國藤剛志
大久保幸治、中川晴樹、金本英信、堀田絆吏、中川江奈
 
 

【撮影協力】

FILM
同志社女子大学
京都新阪急ホテル
六絲水
獨鈷抛山千手寺
京都東山山荘
オムロン ヘルスケア株式会社
フィールドベンチャー
日本水処理工業株式会社
国土地理院
株式会社パレオ・ラボ
清水焼の郷
株式会社アイハウス
株式会社エリッツ建物管理
figer marks
京都市消防局
京都市メディア支援センター
山田養蜂場
滋賀県
滋賀ロケーションオフィス
ショーカープロ・オノ
東映俳優養成所



 
 

感想

崖を背広のままで登るか!!

大野泰生(平泉成)や大野ゆかり(松下由樹9らは警察に非協力的ですね。

疑われても仕方がないというよりどうしてあんなに非協力的なんでしょう。


最後、すっきりしないのはなぜでしょう。

終わり方が寂しいですよね。

もっとハピーエンドで終わってほしい。

[ad#co-2]

-遺留捜査

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

遺留捜査第5シリーズ

遺留捜査第5シリーズの第4話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第3話のロケ地3 出演者、ゲスト4 【撮影協力】5 感想 あらすじ 糸村聡と村木繁が川釣りに出かけた。 糸村聡は順調に釣っていくが村木繁は一匹も釣っていなかった …

no image

遺留捜査4の第8話のロケ地

目次1 第8話のあらすじ2 第8話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 第8話のあらすじ イベント会社の社長・柴田亜弓の遺体が発見された。 京都府警本部は、最近連続通り魔事件とみて捜査を開始した。 糸 …

遺留捜査第5シリーズ

遺留捜査第5シリーズの第7話のロケ地

目次1 あらすじ2 第7話のロケ地3 出演者、ゲスト4 【撮影協力】5 感想 あらすじ 大手スポーツクラブの水泳選手・宇多田貴史(崎本大海)の遺体がプールで発見された。 頭を鈍器で殴られたあとがあった …

遺留捜査4の第1話のロケ地

遺留捜査第4シリーズが始まりました。 第4シリーズは舞台を京都に移し、新メンバーで事件を解決していきます。 糸村聡が赴任したのは京都府警捜査一課・特別捜査対策室。 特別捜査対策室は、プロフェッショナル …

遺留捜査4の第7話のロケ地

目次1 第7話のあらすじ2 第7話のロケ地3 出演者(ゲスト)4 感想 第7話のあらすじ 有名小説家尾上雅彦の遺体が発見された。 尾上雅彦は路上生活をしており。糸村聡はノートはあったが書くものがないの …

カテゴリー

アーカイブ