ブラックペアン

ブラックペアンの第9話のロケ地

投稿日:

[ad#co-3]


あらすじ

佐伯教授が倒れた。

検査の結果、左冠動脈肺動脈起始症(通常、冠動脈は大動脈から出ているが、肺動脈から冠動脈が出ている)で増帽弁閉症を併発している。

いつ心筋梗塞なってもおかしくない状態で、この手術ができるのは渡海しかいなかった。

しかし、佐伯教授は渡海の手術を断り、カエサルの手術を指示した。

佐伯教授を救うために病院一丸となって戦おうとするがシュミレーション段階でどうしてもうまくいかない。

そして最後に救うのが渡海征司郎だった。

[ad#co-1]

第9話のロケ地

佐伯教授の病状の説明があった会議室・・・東千葉メディカルセンター2階講堂(千葉県東金市丘山台3丁目6-2)

世良が花房美和に渡海がどこに向かったか聞いたスタッフステーション・・・指扇病院(埼玉県さいたま市西区宝来1295-1)

さくら病院外観・・・いすみ医療センター(千葉県いすみ市苅谷1177)


渡海が木下香織に部屋を聞いていた病院の受付場・・・厚木市立病院(神奈川県厚木市水引1丁目16-36)

渡海が無理やり入ってった病院の廊下・・・指扇病院(埼玉県さいたま市西区宝来1295-1)

佐伯教授が入院している病室・・・


西崎啓介がいる教授室・・・


医師などがいる総合事務所・・・緑山スタジオ(神奈川県横浜市青葉区緑山2100)

手術室・・・・緑山スタジオ(神奈川県横浜市青葉区緑山2100)


世良と花房美和が渡海と佐伯教授の溝の理由について話をしていた場所・・・東千葉メディカルセンター(千葉県東金市丘山台3丁目6-2)

黒崎誠一郎(橋本さとし)が世良雅志と花房美和に渡海一郎の話をしていた東城大学病院旧館の前・・・浴風会本館(東京都杉並区高井戸西1丁目12-1)

世良雅志が住んでいる東城大学医学部付属病院研修医寮・・・文理開成高校の学生寮(千葉県鴨川市横渚815)

池永英人が西崎啓介と電話していた会議室・・・QUARTZ GALLERY(東京都渋谷区渋谷2丁目10-10)


池永英人と木下香織と世良雅志がいた料亭・・・懐石辻留(東京都港区元赤坂1丁目5-8)

飯沼達次(山本亨)が入った病室・・・


 
 

出演者、ゲスト

渡海征司郎(外科医)・・・二宮和也
世良雅志(研修医)・・・竹内涼真
花房美和(新人看護師)・・・葵わかな
黒崎誠一郎(外科准教授)・・・橋本さとし
藤原真琴(看護師長)・・・神野三鈴
猫田麻里(看護師)・・・趣里
垣谷雄次(外科医)・・・内村遥
関川文則(外科医)・・・今野浩喜
速水晃一(研修医)・・・山田悠介
島津塔子(研修医)・・・岡崎紗絵
篠原健一・・・丸一太
田口公平(研修医)・・・森田甘露
北島達也(研修医)・・・松川尚瑠輝
福本真人・・・渋江譲二
宮元亜由美(看護師)・・・水谷果穂
新井美緒(看護師)・・・原アンナ


富沢雅之(厚労省医務技監))・・・福澤朗
坂口克也・・・髙橋洋
さくら病院小林院長・・・上杉祥三
大竹教授・・・三遊亭白鳥
渡海一郎・・・辻萬長
飯沼達次・・・山本亨


木下香織(治験コーディネーター)・・・加藤綾子
池永英人(日本外科ジャーナル編集長)・・・加藤浩次
西崎啓介(帝華大学病院外科教授)・・・市川猿之助
高階権太(新任講師)・・・小泉孝太郎
佐伯清剛(外科教授)・・・内野聖陽

石山和史、宮澤竹美、福田ゆみ、永井ちひろ、神永圭佑、岩田愛理、大石翔大、鈴木浩文、玉熊直人、山根太地、伊東大地、坂城君、中里圭介、溝渕俊介、望月雅行、渡貫大公、青山一澄、飯島みなみ、酒井和哉、穂坂啓、渡辺将志


株式会社CASTY、Gaeforest、株式会社古賀プロダクション、志事務所、株式会社山王プロダクション、株式会社スエニョ、株式会社スカイアイ・プロデュース、セントラル、tachirourke Pro.、テアトルアカデミー、劇団東俳、株式会社トループ、グリーンリバープロモーション、株式会社MIRAI、麗タレントプロモーション、株式会社ワオ・コーポレーション、株式会社オリオンズベルト
 
撮影特別協力
・東千葉メディカルセンター(千葉県東金市丘山台3丁目6-2)
・神奈川工科大学(> 神奈川県厚木市下荻野1030)
・藤田保健衛生大学病院(愛知県豊明市沓掛町田楽ケ窪1番地98)

撮影協力
・指扇病院(埼玉県さいたま市西区宝来1295-1)
・千葉工業大学(千葉県習志野市津田沼2丁目17-1)
・いすみ市
・いすみ医療センター(千葉県いすみ市苅谷1177)
・厚木市立病院(神奈川県厚木市水引1丁目16-36)
・あつぎフィルムコミッション
・懐石辻留(東京都港区元赤坂1丁目5-8)
・文理開成高校(千葉県鴨川市横渚815)
・海老名市文化会館(神奈川県海老名市めぐみ町6-1)
・華飾スタジオ(東京都板橋区高島平6丁目2-5)
・アイホン(愛知県名古屋市中区新栄町一丁目1番 明治安田生命名古屋ビル10階)
・QUARTZ GALLERY(東京都渋谷区渋谷2丁目10-10)
・日本メガケア( 東京都板橋区舟渡1丁目12-11)
・タック販売(愛知県名古屋市中区正木4丁目11?2
・SARAYA
・TAJIMA
・タチカワブラインド(東京都港区三田3丁目1番12号)
・みはし

 
 

感想


黒崎誠一郎は渡海一郎の話をどうしてわざわざ雨の中でしてんだろうね。

それにしても、黒崎誠一郎は悪魔でもいいから佐伯教授を助けたいになら、渡海に頼べばよかったと思う。

佐伯清剛も渡海n命を救ってもらったのにあの態度はなんだろうね。

カエサルの遠隔操作で手術を行ったビデオが世にでたので渡海の名も世界に広まったでしょうね。

よく分からないのは、手術をしたのは渡海なのになぜ論文には佐伯教授の名が入るんだろう

[ad#co-2]

-ブラックペアン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ブラックペアンの第1話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第1話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 あらすじ 東城大学医学部付属病院には、神の手と呼ばれる心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)がいる。 佐伯清剛は、佐伯式 …

ブラックペアンの第10話(最終回)のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第10話(最終回)のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 あらすじ 佐伯教授の命は助かったが、まだ完全に治った訳ではなかった。 その為、何度か倒れその都度、渡海が助 …

ブラックペアンの第8話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第8話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 あらすじ 日本外科ジャーナルの池永英人(加藤浩次)と帝華大学病院の西崎啓介(市川猿之助)が東城大学医学部付属病院にやっ …

no image

ブラックペアンの第3話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第3話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 あらすじ 高階権太は、二度のスナイプの手術を失敗し、西崎啓介から早く成功し論文を書かなければスナイプ担当から外すと迫ら …

ブラックペアンの第5話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第5話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 あらすじ スナイプ論文には、西崎啓介の名が記されインパクトファクターは西崎啓介が上回り理事長選は西崎啓介が有力となった …

カテゴリー

アーカイブ