2018年04月~ドラマ 家政夫のミタゾノ

家政夫のミタゾノ(2018)の第7話のロケ地

投稿日:2018年6月3日 更新日:

[ad#co-3]

あらすじ

三田園薫と五味麻琴は、旅館・清蓮荘に家政婦に行っていた。

清蓮荘は、主人が亡くなったばかりで遺言にはメアリー・アニンストンに旅館渡すと書かれてあった。

しかし、メアリー・アニンストンという人物もいないし先代の息子・恩田良彦(坂本真)がオーナーに先代の妻・恩田時江(岡本麗)が女将をすることにしていた。

するとメアリー・アニンストンが旅館に現れ、遺言通り女将をやりにきたという。

恩田時江(岡本麗)も仕方なく遺言通りにメアリーに女将を任せることにした。

ただし、従業員にはメアリーとは口を利かないように圧力をかけていた。

美田園薫は、旅館の全てを見抜き暴いていく。

[ad#co-1]

第7話のロケ地

清蓮荘・・・元湯玉川館(神奈川県厚木市七沢2776)

https://www.google.co.jp/maps/

恩田時江と恩田良彦がいたカフェ・・・スモークバー&グリル(東京都渋谷区神宮前5丁目10-1)

 
 

出演者、ゲスト

三田園薫・・・松岡昌宏
五味麻琴・・・剛力彩芽
平野らむ・・・椿鬼奴
早坂倫子・・・内藤理沙
結頼子・・・余貴美子

メアリー・アニンストン・・・ナタリー・エモンズ
恩田良彦・・・坂本真
つぐみ(女中)・・富永沙織
料理長・・・岡田正
恩田喜一郎・・・大林丈史
渡辺(番頭)・・・池浪玄八
赤ペン瀧川・・・瀧川英次
遠藤たつお
西村いづみ
恩田時江・・・岡本麗

谷仲恵輔、ゼガ、ヘイブンズ・ジュリエット」、白石拳大、朝木ちひろ、木下瑠音

スエニヨ、CASTY、アネットワーク、テルトルアカデミー、ファインモーション

放映新社、エーライツ、プロッサムエンターテイメント

【撮影協力】
独立行政法人国立病院機構 箱根病院、旧田中家住宅、セントラル総合住宅株式会社、株式会社佐久間、SMOKE、元湯玉川館、あつぎフィルムコミッション

 
 

感想

夢も希望の吹っ飛ぶような話でしたね。

子どもには見せたくない話だった。

メアリーもフェイクの料理の方が美味しいと思っていた。

最初、最高級の食材を使った料理を食べても美味しいと言わなかった。

後から三田園薫が持ってきた模造品を食べてこれだと言いながら材料のことを聞いた途端にマズそうな顔をする。

こんな人が旅館の女将になれるのか。

材用がどんなものでも(毒でなければ)美味しいと感じるならそれでいいと思う。

どんなに高い食材でも食べる人がまずいと思えばその人にとってまずい料理になる。

自分の感覚ではなく人の意見に左右される人は多い。

フェイクでも初めからフェイクと言って出せばそれはそれで面白い。

先代はいくらまがい物でもタダで貧しい子供らに食事を与えていたのだから、それは素晴らしいことだと思う。

[ad#co-2]

-2018年04月~ドラマ, 家政夫のミタゾノ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

モンテ・クリスト伯・華麗なる復讐の第4話のロケ地

目次1 第4話のあらすじ2 第4話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 第4話のあらすじ モンテ・クリスト・真海は、神楽留美に安藤完治(葉山奨之)を青年実業家として紹介する。 そして融資の話を持ち掛けた …

モンテ・クリスト伯・華麗なる復讐の第8話のロケ地

目次1 第8話のあらすじ2 第8話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 第8話のあらすじ 南条幸男を自殺に追いやった真海だったが、寸前のところで江田愛梨が助けてしまった。 真海は、南条幸男が入院している …

no image

家政夫のミタゾノ(2018)の第3話のロケ地

[ad#co-3] 目次1 あらすじ2 第3話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 あらすじ 三島孝文(戸塚純貴)は、恋人・浅野真実(藤井美菜)の両親に挨拶に行くときにバッグが誰かとすり替えられていた。 …

モンテ・クリスト伯・華麗なる復讐の第7話のロケ地

目次1 第7話のあらすじ2 第7話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 第7話のあらすじ 南条幸男の家に、香港マフィアの連中がやってきた。 南条幸男を恨んでいる人物が日本にいるので誰か突き止めろと言って …

no image

シグナル長期未解決事件捜査班の第2話のロケ地

目次1 あらすじ2 第2話のロケ地3 出演者、ゲスト4 感想 あらすじ 三枝健人(坂口健太郎)は、田代綾香ちゃん殺害犯人を長谷川京子と断定したが、証拠がなく自供をさせることもできず時効を迎えてしまった …

カテゴリー

アーカイブ