2017年10月~ドラマ 民衆の敵

民衆の敵の第8話のロケ地

投稿日:2017年12月15日 更新日:

あらすじ

佐藤智子は、ニューポート建設反対派を強制定期に撤去したこの責任をとって、スタッフ全員を解任した。

しかし、犬崎和久は黙っていなかった。

佐藤智子が精神的に不安定だとマスコミに流したり、職員をボイコットさせたりした。

しかも、公平と平田和美の不倫の噂まで流した。

さらに犬崎和久は市民から市長のリコールの署名まで集めた。


スポンサーリンク

第8話のロケ地

犬崎和久がニューポート建設反対派を呼んだ会合の会場・・・メルパルク東京(東京都港区芝公園2丁目5-20)

出演者

佐藤智子・・・篠原涼子
藤堂誠・・・高橋一生
犬崎和久・・・古田新太
小出未亜・・・前田敦子
岡本遼・・・千葉雄大
園田龍太郎・・・斎藤司
若江寛・・・若旦那
望月守・・・細田喜彦

前田康(ベテラン市議)・・・大澄賢也
佐藤悦子(公平の母、校長)・・・田島令子
佐藤公平・・・田中圭
平田和美・・・石田ゆり子
富田恭一・・・渡辺いっけい

長谷川朝晴
今田美桜
久保田悠来
未来、鳥越壮真、野澤しおり

菅原大吉
杉田桔平、井上依吏子、青戸昭憲
吉田祐希、大塚ヒロタ、梅舟惟永
山本佳志、松山愛里

【撮影協力】
千葉市、ホテルメルパルク東京、株式会社NKL、株式会社レントシーバー

感想

市議の中には犬崎派と別の会派があるはずだからそっちの方を取り込めばいいと思った。

今のままでは新人議員だけにたりそう。

しかし、そんなことよりドラマ「民衆の敵」はちょっと倫理的にどうかなぁと思う。

平田和美の子供や生き方の考え方や藤堂誠の女性問題や正当化している。

色々な生き方が会ってもいいとは思うが、テレビで正当化するとそのうち際限がなくなるような気がする。

テレビで放送するときは、倫理的なことはできるだけ厳しくしてほしいものです。


スポンサーリンク

-2017年10月~ドラマ, 民衆の敵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ドクターX~外科医・大門未知子~第5シリーズの第5話のロケ地

目次1 第5話のあらすじ2 第5話のロケ地3 出演者4 感想 第5話のあらすじ 東帝大学病院は人口頭脳AI治療「ヒポクラテス」を導入しようとしていた。 テレビでは、公式戦30連勝中の若き天才棋士・五反 …

no image

陸王の第6話のロケ地

目次1 あらすじ2 第6話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ 茂木裕人は、ニューイヤー駅伝のメンバーに選ばれ6区を陸王を履いて走ることになった。 ニューイヤー駅伝が始まりダイワ食品は、2区で3位にな …

民衆の敵の第1話のロケ地

目次1 あらすじ2 第1話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ 主人公の佐藤智子は、高校中退で、家族は夫はフリーターで転職を繰り返している夫と保育園に通う息子の3人家族のの主婦。 佐藤智子は市議会の給 …

no image

陸王の第1話のロケ地

目次1 第1話のあらすじ2 第1話のロケ地3 出演者4 感想 第1話のあらすじ 足袋製造販売する「こはぜ屋」は100年続く老舗の会社だったが、足袋の需要が減り経営は楽ではなかった。 4代目社長の宮沢紘 …

民衆の敵の第6話のロケ地

目次1 あらすじ2 第6話のロケ地3 出演者4 感想 あらすじ 河原田市長の汚職疑惑で望月守が自殺し、真相が闇に葬られる中で河原田市長は市民に自身の潔白を問うために市長を辞め、再び市長選にでることにし …

カテゴリー

アーカイブ